×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運転免許とは

運転免許は、運転に一定の技量が必要な機械装置や設備の運転に対する免許です。免許の保有を証明して交付される公文書を運転免許証と言います。日本の制度では、国家公安委員会・警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格となっています。

様々な種類の免許がありますが、一般的に運転免許として考えられているのは第一種運転免許。自動車や原動機付自転車を一般的な目的で運転する場合に必要な免許です。

主に荷物運搬の場合には報酬を得る場合であってもこの資格で十分であり、自家用自動車(白ナンバー)の場合であれば人を乗せる、荷物を運ぶ問わずこの資格でよいですが、旅客自動車(営業ナンバーの乗用車)で、人を乗せて報酬を得る業務は第二種運転免許が必要とします。

大学生の間に免許を取ろう

大学生の間は時間的な余裕を持つことが容易だと思います。将来、車に乗ろうと考えている人は大学生の間に免許を取得することをお勧めします。やはり、社会人になってから取ろうと思っても免許を取得するために教習所に通うことが難しいのが現実です。

近年は、若者の車離れが叫ばれていますが、それでも将来的に車を必要とする可能性は高いと言えます。また、運転免許は就職活動の時の資格欄に記入できたり、身分証明としても大きく役に立ちます。

スポンサードリンク



コンテンツ

コンテンツ